リジッドボディをSOPで作成した竜巻フィールドで動かすテストを行った。

POP系のオペレータはDOP内のGeometry全般を制御するためのマイクロソルバ。
よってパックしたRBDもPOP Advect By Volumesで移流させることができる。
(Gas Advectでも可)

 

2015-12-25_212418

 

今回フィールドによってRBDの加速度、速度、位置を更新し
その動きの違いを確認してみた。

 

1.加速度の更新

update_force from shuichi sakuma on Vimeo.

 

2.速度の更新

update_velocity from shuichi sakuma on Vimeo.

 

3.位置の更新

update_position from shuichi sakuma on Vimeo.

 

POP Advect By Volumesは、SOPから直接フィールドを持ってくるとうまくいかない。
(理由は不明)
代わりにDOPオブジェクトのデータとしてフィールドセットし、それを使用した。

2015-12-25_212944

 

SOP Vector Fieldは以下の設定

1.SOPのボリュームにDOPのフィールドサイズを合わせる
2.ボリュームのパス
3.velociyの効果をフィールド内に留めたい時はConstantに設定
4.読み込むボリュームがvector型の場合は0,1,2に設定(1ボリューム=1プリミティブ)
5.フィールドを毎フレームリフレッシュするためSet Alwaysに設定
6.データ名(わかりやすい名前にしておく)

2015-12-25_220523